爽快空間をつくるバルコニーリフォーム

バルコニーを爽快な空間にリフォームするなら、大切なのは風通しと日当たりです。
風通しが悪いと湿気がこもりジメジメとした空間になり、日当たりの計算をしていないと階下が暗くなります。
風通しを良くするためには、フェンスが重要です。
目隠しとしての機能を重視しすぎると風を通さなくなり、バルコニーは快適な空間になりません。
風通しと日当たり、目隠し、3つの機能のバランスがとれているフェンスを選びましょう。
バルコニーに半透明やスリットの入った床材を使うと、階下の日当たりを妨げることはありません。
階下の部屋が暗くならないように気を付けるのも、バルコニーのリフォームでは大切です。
お手入れが楽なことも、快適な空間のためには必要なことです。
リフォームをするときには、木製やスチール製よりも、アルミ製の素材を選ぶのが良いでしょう。
アルミ製の素材を使ってバルコニーをリフォームすれば、お手入れが楽なので快適に感じられるはずです。

SNSでもご購読できます。