住宅は新築とリノベーションのどちらがよいか

住宅を購入するとき、新築で購入するか中古住宅を購入してリノベーションするかという二つの選択肢があります。新築の方が近年は人気がありますが、リノベーションも見直されつつあり、徐々に数は増えてきています。新築で購入するメリットは、安全性や自由度が高いという点です。建て売りならば自由度はあまり高くないですが、注文住宅ならば自由に家をデザインすることができます。そのため、憧れの家のイメージがある人にはおすすめです。ただ、価格はピンキリで、一般に高くなる傾向があります。リノベーションでは、価格の安さと中古ならではの味わいが魅力です。かなり価格は安くなり、半額から三分の二程度の予算で購入できます。また、古民家とよばれるような一軒家では古い家ならではの味わいがあります。しかし、安全性や自由度は低く、気密性なども低いことがあり得ます。それぞれ一長一短あるため、どちらがよいということではありません。目的にあった方を選ぶとよいでしょう。

SNSでもご購読できます。