2016年 10月 の投稿一覧

リフォームモニターについて考えてみる

リフォームモニターという特殊なサービスを提供している会社が存在しています。リフォームを低価格、若しくは無料で施工する代わりに、他の住宅に住んでいる方々に実際に住宅に来てもらい、その場所を確認してもらう内容、または、インターネット上のサイトに掲載するように写真撮影などを行って、リフォーム後の感想など口コミを載せることを必要としている場合もあります。具体的な例としては、ルーフバルコニーを設置した住宅や、ウッドデッキを設置した住宅、サンルームやカーポートの施工などもあります。水周りのスペースとしてキッチンをオープン型に変えた方や、システムバスに設置された方が対象になる場合もあります。外壁をモルタルからサイディングへとリフォームされた方もモニターとして対象になることも多く、モニターに関しては実際に快適な住宅に仕上げた上で、その情報を広く報せる役割を持っているので、利用者にとってデメリットに感じてしまうことがありません。気になるリフォーム場所を有している方であれば、積極的に利用をしてみることも良い方法です。

リフォームの相談で一番多い事とは

人が住宅のリフォームを考えるとき、それにはさまざまな理由を挙げることが出来ますが、その中でも一番多いのがマイホームの老朽化の問題ではないでしょうか。新築でマイホームを購入しても、年月による住宅の内外の劣化は、避けることが出来ないことでしょう。もちろん、設備などが一度に壊れることは通常ではあまり見られることではありませんので、壊れたところから直すことになります。また、外観が古くなっても、ひび割れや雨漏りなどが起こらない限り、メンテナンス費用の捻出は一般的には難しいものです。けれども、出来れば定期的にリフォームをおこなっていく方が、住宅の持ちは良いのです。たとえば、限界まで住宅を構成している建材などを酷使した場合、塗装メンテナンスをおこなおうとしても、塗料の定着率が極端に落ちてしまうことがあるのです。そうすると、結局はリフォームの費用がどんどん膨れ上がってしまうことが考えられるということです。

リフォームは自分でする?それとも会社に頼む?

マイホームに不満点や補修したい箇所がある場合、自分でリフォームをすることを検討する人も少なくありません。近年ではDIYが流行しており、インターネットで必要なものやコツなどの情報を得ることができるので、一昔前と比較して自分でリフォームが行いやすくなっています。
この為、壁紙の張替えなど比較的簡単な作業に関しては自分で挑戦してみるのも良いですが、技術力が必要な工事に関してはやはりプロの会社に頼むことが安心です。特に、水回りや電気などに関わることは、自分で安易に行ってしまうとトラブルが発生してしまいやすいですし、最悪の場合重大な事故に繋がってしまう恐れもあります。また、塗装などは一見簡単なリフォームと考えられがちですが、実際にはかなりの技術が要求され、また建物の寿命にも大きく関わってくるポイントです。
近年では、適正な安値でリフォームを行う専門の会社も増えています。自分で行って不満が残ってしまうよりも、最初からプロに頼んだ方がコストパフォーマンスが良いこともあるので、慎重に検討の上で決めましょう。

和室のリフォームのポイント

和室をリフォームする際のポイントは何でしょうか。
その昔ながらの温かいぬくもりに惹かれるという人も多いでしょう。
その高い断熱性や吸湿性、吸音性もすごく魅力的です。
畳独特の鎮静効果も魅力です。
和室がない家が増えた時期もあります。
ですが、昨今、古き良きものが見直されています。
その中で、三重県でリフォームする際、和室を設けるという人も増えています。
このような和室は例えば応接間としてだけでなく、寝室などとして使うこともできます。
リフォームで例えばモダンな応接間にするのも良いでしょう。
内障子を和紙のブラインド、また ロールスクリーンに変えるだけで、ガラッとモダンな印象になります。
寝室にする場合は床下に収納スペースを設ければグッと便利になります。
リビングと繋げるのも良いでしょう。
それぞれに合わせたリフォームプランを綿密に立てることが大事です。
畳を変える場合についてはのダニやカビが発生しにくいものがおすすめです。

後悔しないための内装のリフォームのポイント

家はそこで家族が生活してゆくための場所なので、長い間使用しているうちには内装に汚れや傷みなどが目立つようになってくるのは当然のことです。その家の家族構成やライフスタイルによって内装リフォームが必要になるタイミングは異なりますが、ある程度定期的にリフォームして内装を整えておくことは快適な生活を送る上では欠かせないメンテナンスのひとつと言えます。内装をリフォームで一新するとき、どんな色や質感の壁材にしようかと悩むものです。現在の住宅の多くで使用されているビニールクロスなどの壁材も、その色や種類は数多くあり、せっかくリフォームで一新するならこれまでとは全く違ったイメージのものにしたいという希望も少なくありません。でも、壁紙を選ぶ時に個性の強いものを選ぶとしても、カタログや小さな見本だけでなく、必ずショールームなどに足を運び、実際の内装を見てから選ぶことが後々後悔しないリフォームを実現するための大切なポイントになります。

外壁リフォームの相場(塗料別・貼り直し)

外壁のリフォームは、外壁の面積や使用する塗料によって値段が異なってきます。一般的な二階建ての家では先ず水洗いして、その後足場を組み、塗料が玄関ドアや入口、またエアコンの室外機に付着しないように養生を行なったりすることも含めて仕上がるまでに約1週間かかります。金額の相場はおおよそ80~100万円くらいです。家が大きく外壁の面積が広かったり、3階建となるとそれだけ金額もふくらみます。また現在では塗料の種類が増え、夏に室温が上がるのを抑える働きのある塗料も出てきています。金額だけ見ると外壁リフォームは決して安いものではありません。ときどきチラシなどで異常に安い値段のものがありますが、これには注意が必要です。質の悪い塗料を使っていたり、十分な水洗いを行なわなかったり、足場や養生の料金が別になっていたりします。素人にはわからないところで手を抜いている可能性もあるのであまりにも安いのは疑ってかかったほうがよいでしょう。

デザイン性を重視したリフォームをしたい時の業者選び

住宅のリフォームをしたい場合、依頼する業者にはハウスメーカーや工務店、建築事務所など様々な選択肢があります。実績や評判、見積もりなどをチェックしながら間違いのない選択をすることが必要ですが、何を重視してリフォームをしたいのかによって、最適な依頼先が異なってきます。
リフォームには様々な目的がありますが、外観や内装のデザインにこだわりたい、マイホームをおしゃれにしたいなどの場合には、建築事務所を中心に業者選びをすることがおすすめです。建築事務所には設計上の制約が一切なく、依頼者の要望を優先して自由度の高い住宅デザインをしてくれるというメリットがあります。デザイナー次第では、デザインと共に生活利便性を大幅に向上してくれる斬新なアイデアを提案してくれることもあるので、予算に余裕がある場合にはこだわってみることもおすすめです。
また、監理の体制がしっかりとしており、手抜き工事が発生しにくい点も建築事務所にリフォームを依頼するメリットです。

自然素材による内装リフォームの種類

自然素材を使える場所には、壁や天井、床などがあります。
室内で大きな面積を占める壁や天井には、織物や紙、天然木、石灰や珪藻土などの自然素材を使えます。布やパルプ、ケナフなどを材料にしたクロスを使えば、吸放湿効果の高い室内空間をリフォームで手軽に取り入れられます。無垢材の羽目板にすれば、木の持つ質感や機能性により、居住性が高まります。また、漆喰、珪藻土といった塗壁にすれば、継ぎ目がなく、左官仕事による様々な仕上がりを見て楽しむこともできます。
また床に使える自然素材には、植物や繊維、石・タイルなどがあります。木の風合いをそのまま利用する無垢材や、保温性や吸音性に優れたコルク材は木質の材料です。竹や藤は軽くて耐水性が高く、丈夫な素材です。そして、麻やヤシなどの天然繊維を床材として使えば、水に強くナチュラルな部屋ができあがります。また、石やタイルは耐久性や耐水性は高いですが、質感から使える場所が限定されます。

トイレリフォームの費用は内容によってこう変わる

トイレは1日に何度も使用する場所でもあるので、掃除が楽で衛生的に保てるのが理想です。
しかし長く使っていると汚れがこびりついていたり、ニオイが気になったりするので来客時などは不安になったりするものです。
ひと口にトイレリフォームといっても洗浄や暖房のついた便座やタンクレスなどの高機能なものまであるので費用はまちまちです。
また、洗浄機能が備わった便座や脱臭機能の有無でも費用は大きく異なってきますので、リフォーム業者に見積もりを出してもらった方が良いでしょう。
便器のグレードが決まったら、次は床や壁もリフォームを行うかどうかです。
便座だけを取り換える程度なら工事費用も2万円から3万円で済むのですが、ほとんどの場合は壁や床の内部が痛んでいたりすることが多いので同時に施工する方が良いでしょう。
また、トイレは湿気がこもりやすく壁や床に水も飛び散りやすい場所なので、耐水性や脱臭効果のある素材を選ぶことをお勧めします。

オール電化リフォームのメリット・デメリット

現在居住している三重県の住宅のリフォームを考えたとき、この際だからオール電化にしたほうが良いのではないかと、迷っている方も多いのではないでしょうか。オール電化にリフォームした場合にも、多くのメリットとともに、少なからずデメリットも考えられます。そこで、リフォームをする前には、そのメリットとデメリットを良く考えて、自分の生活に合っているかどうかを比較検討することが重要でしょう。オール電化のメリットは、深夜電力を使用することによって押さえられる光熱費、室内に二酸化炭素が排出されないクリーンな環境の維持、火を使わない安全性でしょう。また、タンクの中に常時貯められているお湯を、災害時には清潔な水として使用すること可能である点もメリットとして挙げられます。一方、停電時はさまざまな機器が使用出来ない、初期費用が掛かる、設置場所が必要であることなどが、オール電化にリフォームした際のデメリットとして考えられます。