住宅をリフォームするといっても、その内容は多岐に渡っています。事例のひとつとして挙げられるのが、和室を洋室に変えるというものです。和室をリフォームする場合、まずは畳をフローリングに変え、壁の素材も変えるのが一般的となっています。和室を洋室に変える際には、内部のほとんどのデザインを変えることになりますから通常よりも大掛かりなものとなりますが、大抵は1日以内には終わります。その他にも、よくあるリフォームの事例としては、壁紙の張り替えです。この場合は、これまでの古い壁紙を剥がした上で新しい張り紙を張る作業になりますので、リフォームのケースとしてはシンプルなものですから1日以内に終わります。部屋の広さにもよりますが、一般的なリビングの広さでで数時間で終わりますので、作業期間が長くなって日常生活に支障をきたすこともありません。壁の張り替えや床のフローリングへの変更などは、比較的リフォームしやすい事例と言えるでしょう。